フレクサTIMES

LINE公式アカウントの運用に役立つニュースを配信中

フレクサTIMES

フレクサTIMES > LINE公式ノウハウ > LINE広告の効果を高めるクリエイティブのコツ

LINE広告の効果を高めるクリエイティブのコツ

LINE公式ノウハウ

「友だち追加広告」とは、LINEアプリ内に広告を掲載してLINE公式アカウントの友だちを集める機能です。事前に掲載されるクリエイティブの準備が必要ですが、テキストや画像の工夫が配信効果を大きく左右します。

ユーザーが広告を目に止めて、アクションを取ってもらうために「広告クリエイティブ」は欠かせない要素です。今日はどんなテキストや画像が効果的なのか、クリエイティブ制作のポイントについて紹介していきます。

「良いクリエイティブ」とは

広告クリエイティブは、テキスト、画像、動画で成り立っています。ここでは「良いクリエイティブ」の条件を3つ紹介します。

1.まず、指先を止めてもらえる

LINE広告は、LINEアプリや各種ファミリーサービス内の配信面に広告が表示されます。つまり、ユーザーがスマホの画面をスクロールする中で、指先を止めてもらえるかどうかが重要です。

広告クリエイティブの中のテキストやビジュアルが、ありがちで退屈なものになっていないか。また、同じ画面内に表示される他のコンテンツに埋もれないようなインパクトも欠かせません。

2.パッと見てわかる、印象に残る

ユーザーが広告クリエイティブを見た際、わかりやすく印象に残るものを心がけましょう。

要素を詰め込みすぎて、スマホで見たときの視認性が悪いクリエイティブは読み飛ばされる可能性があるので、注意が必要です。

3.ユーザー起点のメッセージ

ユーザーが広告クリエイティブの内容を確認する際、テキストやビジュアルの表現が「共感できるもの」になるように意識することが大切です。「自分ごと」として捉えられない、出稿側の意図ばかりが目立つクリエイティブはタップされません。

クリエイティブに含めるメッセージは必ずユーザー起点にして、その課題感を捉えたメリットを感じられる内容にしましょう。

参考画像:ライン公式ページ

動画と静止画の特徴

広告クリエイティブのビジュアルには、大きく分けて動画と静止画があります。メニューよっては利用できないフォーマットもありますが、それぞれ下記のような特徴があります。広告配信の目的や制作リソースの状況に応じて、適切に使い分けましょう。

参考画像:ライン公式ページ

クリエイティブ作成のポイント

参考画像:ライン公式サイト

具体的に、クリエイティブの作成ポイントを紹介します。

画像について

どのフォーマットでも、最初にユーザーの目に入るのはビジュアルです。ユーザーを引きつけ、そこからコンバージョンに結びつけるため、画像については以下がポイントとなります。

※商品やサービスを連想しやすい画像を使用する
※目に止まりやすい、あるいは興味・関心を持たれる画像を使用する
※ユーザーがストレスを感じないよう、視認性を確保する

タイトルについて

タイトルを見たユーザーに、商品やサービスを「自分ごと」として捉えてもらうために、以下の点を意識しましょう。

※商品やサービスを連想しやすいキーワードを入れる
※「◯歳代の女性へ」など、具体的にターゲットを関するキーワードを入れる
※【メディアで注目!】など、文頭部分でユーザーに訴求する言葉を入れる

説明文について

説明文は、画像とタイトルに興味を持ったユーザーをコンバージョンにつなげるための重要な要素です。そのため、LPとの整合性はもちろん、以下の点が重要です。

※訴求すべき内容はすべて盛り込む(ただし、テキストが多くなりすぎないように留意)
※商品やサービスの強みとなるスペックやメリットをしっかり強調する

クリエイティブ運用のポイント

ユーザーの反応が期待できるタイトル例

【最大20OFF】今だけ限定特典も

横浜駅前!初回限定500OFFクーポン

「最大20%OFF」のようにメリットをわかりやすく記載する、「横浜駅前」など地域名を入れることで特定のユーザーに対して関連性が高い情報を記載することで高い配信効果に期待できます。

ユーザーの反応が得られにくいタイトル例

LINE公式アカウント開設!!

月額制通い放題サロン

地元の情報をお届け!

話題のネットショップ新規OPEN

上記のように具体性がなく、ユーザー自身もメリットとして感じられる要素が含まれていない場合、広告を配信しても思うように友だちを増やすことができない可能性があります。

ユーザーの反応が期待できる画像例

⇩パッと見たときにメリットがわかりやすい

参考画像:ライン公式サイト

⇩画像や文字の要素が多く、細かいデザインのためパッと見て内容が理解しづらい

参考画像:ライン公式サイト

業種別のクリエイティブサンプル

飲食

参考画像:ライン公式サイト

サービス内容を想起させるビジュアルと「10%OFFクーポン」で目を止め、クーポンの取得条件をタイトルで説明することで友だち追加を促します。

教育

参考画像:ライン公式サイト

「タブレット貸し出し」や「返金保証」といったテキストで利用のハードルを下げ、実際の利用シーンの写真を使用することで自分ごと化を促します。

美容

参考画像:ライン公式サイト

タイトル要素に具体的な駅名を表示することで特定のターゲットに訴求し、「初回限定」のクーポン配布を目立たせることで来店を促します。その際、説明文で「LINEでかんたん予約」のように友だち追加後の予約導線を案内することも効果的です。

EC

参考画像:ライン公式サイト

対象となるユーザーが自分ごと化しやすいテキストを取り入れ、「20%オフ」や「送料無料」など具体的なメリット訴求で友だち追加を促します。

フィットネス

参考画像:ライン公式サイト

「初心者歓迎」や「体験コース」などのテキストで利用のハードルを下げ、実際のレッスンイメージ画像を使用することでユーザーに「試してみようかな」という気持ちを喚起させます。

不動産

参考画像:ライン公式サイト

物件情報であることが端的に伝わるイメージと、地域を表示することで周辺に住んでいる人や移住を考えている人の反応が期待できます。

まとめ

以上、友だちがなかなか増えないという課題を持っている場合、画像や動画作成など

少し手間はかかりますが「友だち追加広告」を試してみても良いかもしれませんね!

このカテゴリのおすすめサービス